こなごころ

きもちをつづるばしょ

思い出

セクハラ問題の一部始終

今は昔、会社の同期入社した子と付き合っていた時の話。 付き合い始めて1ヶ月ほどした頃、彼女に「大事な話がある」ということで呼び出されたことがあった。 ひえぇ、こいつは間違いなくろくな話じゃないな。 俺が何かマズいことを言ったか、あるいは会社を…

デバッガーになりたいと思っていた

壊リスというゲームをご存知だろうか。 今は亡きFlash Playerのフリーゲームだ。 かつて、俺はこのゲームを文字通り四六時中やっていた。 俺は善意で、というか勝手にこのゲームのデバッグもしていた。 事あるごとに不具合の報告なんかを作者のM.E.氏にお知…

もう二度と酒は飲まない

俺には物心ついた頃からの友達がいた。 小学生の頃までは、いつも彼と一緒に遊んでいた。 俺の方が勉強や運動はできたけど、彼の方がゲームソフトをたくさん持っていたし、俺よりもゲームが上手かったのがちょっと羨ましかった。 お互いちょっと変わり者で、…

こころこわれる

祖父は真面目でしっかりした人だった。 祖母は世話好きの優しい人だった。 子供の頃、仏壇の前で祖父の膝の上に座ってお経を聞いていた。 全然分からなかったけれど、お経の最後に仏壇の鐘を鳴らすのが楽しかった。 たまに、テレビを見ながら祖父に肩叩きを…

この胸の痛みを俺はよく知っている

社会人3年目、2016年の春のこと。 とある辞令が下った。 職場にもまあまあ慣れ、プログラマとしてそれなりに仕事ができるようになったような気がする頃。 部長からお呼び出しがあった。 「また何かやらかしたか……どうせろくなことじゃないんだろうな……」 と…